4月5日(日)沢田たか子個人演説会(@唐崎学区高穂町 )を行います!(弁士:武村正義さん、福島みずほさん、他)

  • 日時: 2015年4月5日(日) 午後6時半~7時半
  • 場所: 高穂町自治会集会所
    (JR湖西線「唐崎」駅より徒歩4分、京阪石山坂本線「穴太」駅より徒歩8分)
  • 弁士:
    武村正義 氏(元・滋賀県知事、「チームしが」特別代表)
    福島みずほ 氏(社民党副党首、参議院議員)
    井上純一 氏(きさらぎ自治会会長)

直接、会場へお越しください。お待ちしています!!

4月4日(土)沢田たか子個人演説会(@膳所本町) を行います!(弁士:藤井絢子さん、前田清子さん)

  • 日時: 2015年4月4日(土) 午後7時半~8時半
  • 場所: 大養寺(だいようじ)
    (京阪石山坂本線「膳所本町」駅より徒歩5分)
  • 弁士:
    藤井絢子(菜の花プロジェクトネットワーク代表、「チームしが」副代表)
    前田清子(前・東近江市議会議員)
  • 歌: 中嶋のりお。

直接、会場へお越しください。お待ちしています!!

4月3日 沢田たか子、出発しました!!

地元・JR唐崎駅前で沢田たか子出発式を行いました!

朝の駅立ちの後、9時過ぎから再びJR唐崎駅に集合。
市民後援会のみなさんと、駅を通りかかったみなさんと一緒に、沢田たか子出発式を行いました!!

4月3日さわだ出発式!!!

まずは、沢田たか子 市民後援会会長・小坂淑子よりご挨拶。
続いて唐崎学区自治連合会会長・土田明夫様から激励のお言葉をいただきました。

4月3日さわだ出発式!!! 4月3日さわだ出発式!!!

「原発ヤメて夢ある未来をつくるため、市民の声を県議会に届けます!」

満を持して、沢田の演説です。

4月3日さわだ出発式!!!

四年前の3.11福島原発事故の後、当時の嘉田由紀子知事の元で、私たちは懸命に卒原発を訴えてきました。
県議会でも、隣県・福井の高浜原発再稼働をやめて欲しいという請願を出しました。
しかしながら自民党議員の反対に合い、請願は通りませんでした。

先日、シベリア抑留体験をされた方のお話しを聞きました。
シベリアでは食べるものがなかったけれど、周りに生えている緑色をした植物ならとりあえず食べられるだろうと、試しながら口にしてみた。そうやって生き延びた。
ところが放射能となると、食べても大丈夫かどうかは、見分けようがない。匂いでも分からない。

原子力と原発は、人間の手には余る技術。とても使いこなせるものではありません。
原発事故が起これば、食べるものも住むところも失ってしまうのです。
そして琵琶湖は近畿の大切な水源でもあります。
地震対策が何もなされていないままで、原発の再稼働を許してはなりません。

私たちの次の世代に夢と希望のある未来をつくるために、
こうした県民の声をきちんと県議会に届け、県政に反映できるように、ぜひ、みなさんのお力をお貸し下さい。

 

グリーンの車輌もエールを!!

お話ししている途中、唐崎駅に湖西線の電車が入ってきました。
沢田陣営のテーマカラーと同じ、グリーンの車体です!!
駅の上も下もお揃いのグリーンになりました。
これは幸先がいいと、みんなで電車に手を振り呼びかけました。

4月3日さわだ出発式!!!

沿道のみなさんもご一緒に、電車に向かって手を振りました!!

4月3日さわだ出発式!!!

続いて、志賀町で住民運動を主催されていた山岡さんが、飛び入りでエールを送ってくださいました。
マイクなしでも通る、大きなお声です。

「がんばーれ、がんばーれ、さーわーだ!! かつぞー、かつぞー、さーわーだ!!!」

4月3日さわだ出発式!!! 4月3日さわだ出発式!!!

さわだ選挙カーも出発!!

さぁ演説も終わって、真新しい「さわだ」看板を載せた選挙カーに乗り込み、いよいよ出発です!!!

4月3日さわだ出発式!!!

選挙カーからはさっそく「さわだ」コールの第一声が発せられました。

ロータリーをぐるっと一周し、市民後援会と沿道のみなさんに見送られて、行ってきまーす!!!

4月3日さわだ出発式!!!


選挙ポスター掲示板号もラッキーナンバーに!

おまけ。

選挙事務所へ戻る途中、選挙ポスター掲示板の前を通りました。

4月3日さわだ出発式!!!

まだ貼られているポスターはまばらですが、沢田のポスターはバッチリ掲示されていました。

ちなみに、沢田の掲示板番号は「7」番。

県議会議員「7」期目の選挙にして、ラッキー「7」、しかも上段ということで、
掲示板も幸先の良いスタートとなりました。

4月3日さわだ出発式!!!

3月27日(金)沢田たか子と滋賀県政を語るつどい@和邇公民館 開催しました!

会場は、ヨシ笛の漏れ聞こえるやわらかい日差しで、
地域の公民館にふさわしい活動がされている和邇公民館をお借りしました。
窓から森の方で青い煙が立ち上るのを私が発見し、勢いついたので、心配になり、地元の方が念のため消防の方へ連絡をとっていただいたというハプニングもありました。何せ、春は火災に気をつけなくてはならないのと、不法な廃棄物処分はいけないからです。

子どもたちが春休み、自由に思いっきり遊べる時、原発事故から4年経っても、収束しておらず、だれも責任をとっていないこと。
県議会では、高浜3号機・4号機について、30km圏内の自治体の同意も得られてないうちに再稼働しないでほしいという請願賛成討論をしたこと。
煙は目に見えるけれど、放射能は覚知できないため、大人が子どもたちをまもっていくことができない
国策に対してもきちんと意見を出せる、守山市議会のようになったらよい などと私が申しました。

2015年3月27日(金)沢田たか子と滋賀県政を語るつどい

途中で、平和憲法の歌をみんなで歌い、民主主義について思いを寄せあいました。

参加者の方からは、
* 福井の原発に万一事故があれば、琵琶湖が汚染される。その対応はできるのか?
* 旧志賀町地域に廃棄物や土砂がもちこまれ、川や琵琶湖を汚している。くいとめられないか?
* 「女性の活躍」と言われているけれど、子育てと仕事で、お母さんたちは毎日大変忙しい。そこで大切なものを見失っていないか?
などのご意見をいただきました。

2015年3月27日(金)沢田たか子と滋賀県政を語るつどい

保育所の待機児童をなくす対策だけでなく、
滋賀県では保育士を養成するために奨学金制度を始めること、
県職員の勤務条例を改正して、保育園の送迎にもゆとりをもてる仕組みを始め、一事業所としても改善をはかること、
どんな職業の人も、キャリアを活かしていけるよう支援したいこと
どんな人生にするか、職業を選択するか、家庭生活のあり方は、個人が自由に考え選択でき、それを支援するのが行政の役割で、県議会議員としてがんばっていきたいとお応えしました。

 

 

沢田たか子 市民後援会 決起集会を開催しました!

地元・唐崎にて、市民後援会決起集会を開催!

2015年3月21日、唐崎デイサービスセンターにて、沢田たか子市民後援会 決起集会を開催しました。

お忙しい中、後援会の会員様をはじめ、沢山のみなさまにお集まりいただきました。
また、今回初めてご参加いただいた方々もいらっしゃいました。
お陰様で会場は満席となりました。

大津市議会議員の選挙から数えて、今度は9回目なのですが、初めて地元で事務所を開かせてもらいました。
唐崎に住んで28年余り、これまでお世話になったみなさまのおかげです。
ありがとうございます。

2015-03-21 沢田たか子市民後援会 決起集会

人と地域が輝く滋賀県政を

戦後70年、大都市が空襲で壊滅し、田舎では、疎開した沢山の人たちを助けてきた。
狭くて不自由な生活でも、飲める水と田畑があり耕して食いつなぎ、助け合ってがんばってきた。
「賢くても高校に行けない」貧しい家庭や、片親だから「銀行に就職できない」と、本人のせいではないのに、人生を左右させたのが、戦争と偏見。
私の子どものころは、そうしたことがすぐそばにあり、なんでやろ と子ども心に思ってきました。

阪神淡路大震災から20年、晴れやかな大都市が破壊され、頑丈なはずの高架道路がなぎ倒されて、どんな豪華な車も通れなくなった
みんな背中に荷物を背負い、両手をあけて、助けに行った。
福島原発事故から4年、人間の手に負えない放射能汚染で、福島の人たちは、家族と一緒に団らんすることすら奪われておられる。
築き上げてこられた故郷に立ち入ることもできず、自分で育てた季節の花を、お仏壇に供えることもできない。
放射能は、五感でわからず、大人の知恵で子どもを守ることができない、手に負えないもの。
いなかに原発つくって、いなかを(農林業不振で)へたらせておいて、地方自治体に借金返済を押し付けるような政治のあげく、「地方創生」といわれても信じられるわけがありません。

民主主義の時代だからこそ、どこに住んでいようと、誇りをもって暮らせるようにすること。滋賀県としていうべきことはちゃんと言える滋賀県議会でなくてはならないと思います。
一所懸命がんばりますので、どうぞよろしくお願いします。

2015-03-21 沢田たか子市民後援会 決起集会

三日月大造 滋賀県知事が応援に!!

集会の中盤、
公務の合間を縫って、三日月大造 滋賀県知事が、駆けつけてくださいました!!
会場は大変盛り上がりました。

2015-03-21 沢田たか子市民後援会 決起集会

三日月知事
「沢田さんをぜひ、県議会に送ってください!」

2015-03-21 沢田たか子市民後援会 決起集会

多彩なゲストで盛り上がり

石居九美さんの指揮で、参加者みんなで平和憲法9条の歌を合唱しました♪

2015-03-21 沢田たか子市民後援会 決起集会

地元・滋賀里の設計士さんは、
滋賀県産の木で家を立てることは滋賀の森を守ることであり、琵琶湖の環境を守ることにつながることをお話ししてくださいました。

2015-03-21 沢田たか子市民後援会 決起集会

多彩な顔ぶれのゲストの皆様のお陰で、盛りだくさんの集会になりました。
参加者の方からは、こんな楽しい決起集会は初めて、との感想もいただきました。

多数のご参加をいただきまして、本当にありがとうございました!!!