4月11日(選挙最終日)(速報)

P4110797_s

今日は選挙活動の最終日です。

できるだけたくさんの方に、沢田たか子の政策をお聞きいただきたく、できるだけたくさんの場所をまわりました。

手短ですが、写真を中心にご報告です。

<石山駅、瀬田駅>

P4110212_補正_s P4110195_s

 

<瀬田・三大寺>

P4110247_s

P4110260_s

 

(移動中)

P4110268_トリミング_s

 

<石山団地>

P4110281_s P4110339_s

4年前に石山団地で演説した際に、家から出てきて応援してくださった方が、「今年は沢田の声が聞こえない」とお電話をくださいました。
ご近所で演説をして、4年ぶりの嬉しい再会を果たしました。

演説をしていると、小学校教師時代に担任を受け持ったお子さんと、そのお母さんも出てきてくださいました。もう一つの嬉しい再会でした。

IMG_1642_トリミング_s IMG_1643_トリミング_s

 

<膳所団地、膳所駅>

P4110393_s P4110416_s

 

午後からは、唐崎以北をまわりました。

 

<比叡山坂本駅、平和堂アルセ前>

P4110694_s P4110698_s

 

P4110708_s

 

この地域の「飛び出し坊や」は、とってもバラエティーに富んでいます。

P4110713_s P4110714_s P4110715_s P4110716_s

 

P4110724_s

P4110748_s

P4110743_s

 

<延暦寺方面>

P4110761_s

 

P4110771_s

 

<苗鹿>

P4110789_s P4110792_s

(苗鹿での演説は、動画でご覧いただけます)

再び 膳所を回って、大津京へ。

PICT3289_s

 

最後に、地元・唐崎のご町内をご挨拶にまわって、沢田たか子の選挙活動は終了となりました。

P4110794_s P4110795_s

P4110796_s

 

事務所で、市民後援会の皆さんとご町内の方々に迎えていただきました。

P4110802_s

ウグイス嬢さんとも握手。

P4110803_s

皆さま、本当にありがとうございました。

沢田は精一杯、フェアプレーでやってきました。

明日は県民の皆さまの審判を仰ぎます。

どうぞ今後も切れ目のないご支援を、引き続きよろしくお願いいたします!!!

(4月12日午前0時以降はホームページの更新ができませんので、本日はこれにて、手短なご報告で失礼致します。)

4月11日(午後)「みんなで桃太郎!」町内をご挨拶しました

今日は選挙活動の最終日。

午後からは市民後援会のメンバーと、ご町内の皆さまとご一緒に、「桃太郎」でご挨拶にまわりました。

P4110460_s

大勢で旗を持ちながら練り歩くので「桃太郎」と呼ばれる、選挙活動のひとつです。

ご近所の皆さま、お騒がせしてすみません。

P4110473_s

今日は午後からは、よく晴れた、とてもいいお天気でした。

青空の下、沢田たか子へのご支持を訴えながら、唐崎と穴太のご町内を練り歩きました。

P4110491_s

P4110505_s

P4110509_s

P4110510_s

P4110515_s

P4110532_s

P4110537_s

P4110539_s

P4110546_s

P4110551_s

P4110556_s

P4110564_s

P4110580_s

P4110590_s

P4110602_s

P4110621_s

P4110626_s

P4110633_s

P4110636_s

P4110649_s

P4110659_s

P4110674_s

P4110682_s

P4110679_s

P4110681_s

4月10日(朝)比叡山坂本駅~まちなか演説~(夕)おごと温泉駅

なたね梅雨で、雨の日が続いています。
今朝は比叡山坂本駅でご挨拶しました。
朝から通学するお子さんや学生さんたちがたくさん行き交う、活気ある駅です。

4月10日(朝)比叡山坂本駅

今朝も元気なお子さんたちを見ていると、自然に笑顔がこぼれます。
「おはようございます。」「いってらっしゃい。」と声をかけると、ほとんどのお子さんたちが挨拶を返してくれます。

選挙期間中、沢田たか子 市民後援会のカラー「みどり」のスーツを着ていることもあり、子どもたちを見守る姿はまるで、かつての「みどりのおばさん」か、あいさつ運動の先生のようだ、などとカメラマンさんに言われました。

4月10日(朝)比叡山坂本駅 4月10日(朝)比叡山坂本駅

ご挨拶のあとは、駅前ロータリーで演説をしました。

地元・日吉中学校出身の三日月大造知事とともに、滋賀県が安心安全な住み良い街になるように、県議会で取り組んでいること。
また、きのう石山駅でお会いした80代の女性の、「戦争は絶対あかん」というお話しをお伝えしました。

4月10日(朝)比叡山坂本駅

ちょうど今、天皇皇后陛下が、第二次世界大戦の悲惨な戦闘で亡くなられた方々の追悼に、パラオへと赴かれています。

かつて大変悲惨な戦争があったこと。そして日本は自国が大変な目に遭っただけでなく、他国にもたくさん被害を与えたことを、私たちは決して忘れてはいけないと思います。

そんな戦争を二度とする国にならないように、地方からしっかりと声をあげていかなければなりません。

4月10日(朝)比叡山坂本駅 4月10日(朝)比叡山坂本駅

演説の後は比叡山坂本駅を出発して、今日も一日、大津市内をまわります。

緑町では、先日の個人演説会で素晴らしい演説をしてくださった自治会長さんにお会いしました。
今日は偶然ここでお仕事だったそうです。
会長さんのお顔を見ると安心します。思いがけない偶然に感謝です。

 

4月10日まちなか演説

 

 

お昼に一旦、事務所へ戻って、お昼ごはんです。

いつもはねている髪の毛が、この雨で、さらにはねています。

 

 

 

 

 

午後からは、隣の町の前・自治会長さんが、選挙カーのドライバーをして下さいました。
ドライバーだけでなく、選挙カーの声が大き過ぎないか、どこまで聞こえているかなど、きめ細やかにチェックして、気を配ってくださいました。
さすが、前・自治会長さんです。

4月10日まちなか演説

なたね梅雨の雨続きで、野辺の草花もすくすくと背を伸ばしています。

選挙カーを走らせていると、下校帰りの小学生のお子さんをたくさん見かけました。
仰木の里東小学校では、1年生のお子さんたちが、ひとりで傘をさして、ランドセルを背負って、おうちへ帰るところに出会いました。
つい2週間前まではまだ幼稚園生で、行き帰りは親御さんたちにお見送りされたり、バスでお迎えしてもらっていたお子さんたちが、大変な成長ぶりだと思います。

おうちの方が、「今日から一年生、がんばって。」と、お子さんをあたたかい気持ちで応援されていること。
そして、お子さん自身が、「自分は今日から一年生になったんだ!だから、しっかりやろう!」と思うこと。
その両方があって、大きな成長があるのだと思います。
そんな姿を見るのは、とても嬉しいことです。

4月10日まちなか演説

仰木の里では、雨の中、家から出てきて下さった女性が、選挙カーのドライバーさんに
「ええこと言うてはる。応援してるから、絶対当選してください。」と、声をかけてくださったということです。
どうもありがとうございます。

今日は雨で、ほとんど雨合羽を着て傘をさしての、まちなか演説でした。
写真を撮りにくくて、あまりいい写真がなくて、すみません。

 

夕方は、おごと温泉駅へ。
駅立ちの前に、これまた偶然、十数年来の友人に出会いました。2003年に大津で日本女性会議があった時の仲間です。

期日前投票に行かれたそうで、
「もう投票してきましたよ。」そして、「あなたに入れましたよ。」と言ってくれました。

選挙当日まで残り2日。あらためて身が引き締まります。

4月10日(夕)おごと温泉駅

 

今日もおごと温泉駅前には、老若男女の多彩な市民後援会メンバーが続々と集まり、駅をご利用の皆さまにご挨拶をしました。

4月10日(夕)おごと温泉駅 4月10日(夕)おごと温泉駅

4月10日(夕)おごと温泉駅 4月10日(夕)おごと温泉駅

傘をさしながら、駅前で本日最後の演説です。

4月10日(夕)おごと温泉駅

4月9日(朝)大津京駅~まちなか演説~(夕)石山駅

4月9日(朝)大津京駅

花曇りの朝です。今朝は大津京駅前でご挨拶しました。
JRと京阪の乗り継ぎで、今日もたくさんの方が朝から利用されています。

「子どもたちの未来に、原発と戦争はいりません!」
「人と地域が輝く県政を!」

昨日出来たばかりの横断幕が、よく目立っています。
3.11前から一貫して原発に反対し、平和憲法を守る姿勢を貫いてきたのですが、主張がより伝わりやすくなったように思います。

4月9日(朝)大津京駅 4月9日(朝)大津京駅

今日も声をかけていただいたり、こちらから話しかけたり。
お子さんたちはたいてい、挨拶を返してくれます。

4月9日(朝)大津京駅 P4091903_トリミング_s

今日も、ピカピカの制服を着た新入生さんをたくさん見かけました。
行ってらっしゃい!

大津駅前で演説をして、今日も一日元気に出発します!!

4月9日(朝)大津京駅 4月9日(朝)大津京駅

大津京駅を出発し、滋賀里、見世をまわり、南志賀へ。

今日は大津市立幼稚園の入園式の日です。
新入園のお子さんが、着飾ったお母さん方に連れられて、入園式に向かう姿をたくさん見かけました。
和服姿のお母さんも、たくさんお見かけしました。

田んぼや畑の側を通る時、車の中から政策を訴えながら手を振っていると、農作業中の方が体を起こして、手を振り返してくださることがあります。

お米や野菜を植えるだけでなく、畔にも花を植えてある田畑を見ると、地域の方々の心の豊かさを感じて、嬉しくなります。

美しい田畑をながめながら、人と地域が輝くために、暮らしと環境を守る政策をと、演説しました。

IMG_1602_s

若葉台では、小学校教師時代の教え子のお母さんにお会いしました。
お子さんは今は結婚して、男の子が二人いるのだそうです。
未来へと続く命のことを考えると、本当に嬉しくなります。
ちょうど他候補の方が演説されている所だったので、しばらくお母さんと立ち話しをしました。

選挙カーが石山商店街を通り抜けると、国道1号線の四つ角で「石山美人をつくる」自然食品店の奥さんが、手を振って出てきてくださいました。
ちょうど4年前の滋賀県議会議員選挙の時に事務所があった場所の、お向かいさんです。
応援どうもありがとうございます!!

途中、風が強くなってきました。
カメラマン泣かせの、よくはねる髪の毛がさらにバサバサですが、
雨にも負けず風にも負けずで、大切な主張を届けるために演説を続けます。

4月9日まちなか演説

横断幕もよく目立って、演説の内容をサポートしてくれました。

4月9日まちなか演説

明日はまた雨の予報。
見事な満開の桜は、いつまで持ちこたえてくれるでしょうか。

4月9日まちなか演説

道端を見ると、百人一首の「竜田の川の錦」のように、桜の花びらが側溝を飾っていました。

石垣の隙間からは、たんぽぽの花が顔をのぞかせています。

4月9日(朝)まちなか演説 4月9日(朝)まちなか演説

小学校はまだ下校時間が早いので、今日も外で遊んでいるお子さんをたくさん見かけました。

瀬田の松陽では、3人の女の子が演説中ずっと自転車にのって、選挙カーのまわりをぐるぐる、ぐるぐる、回って遊んでいました。
「何年生?」
と話しかけると、
「3年生」
と答えてくれました。

そして、さっき自分たちで掘ってきたのだという、採れたての竹の子を見せてくれました。
この春初めて見た、竹の子でした。
将来が楽しみな、活き活きとたくましいお子さんたちです。

 

4月9日(夕)石山駅

夕方は、石山駅でご挨拶しました。

今夕も、たくさん話しかけていただいたり、応援の言葉を頂きました。

ありがとうございます。

 

 



4月9日(夕)石山駅4月9日(夕)石山駅4月9日(夕)石山駅

80歳後半の女性は、「原発と戦争はだめ」という横断幕を見て、話しかけてくださいました。

「戦争はあかん。ほんまにあかん。
どの党でも、どの政治家でも、戦争は絶対にあかん。
子どもたちに、戦争のことを、もっと伝えなあかん。
私たちが、どんなに困ったか、大変だったかを、ちゃんと伝えなあかん。」

4月9日(夕)石山駅

何度も何度も、熱心に話してくださいました。

そのお気持ちを、私もしっかりと伝えていきたいと思います。
そして、集団的自衛権の行使容認で、再び「戦争できる国」を目指そうとする国政に対して、毅然とした態度を取る滋賀県議会となるように、地方から声を上げ続け、頑張りたいと思います。

しっかりと握手をして、お別れしました。

 

4月8日(朝)おごと温泉駅~まちなか演説~(夕)比叡山坂本駅

花冷えの大変寒い朝です。今朝はおごと温泉駅でご挨拶しました。

4月8日(朝)おごと温泉駅

4月8日(朝)おごと温泉駅

 

今日は、大津市内の小中高校では、入学式が行われる日です。
真新しい制服を着た、初々しい学生さんたちが、比叡山坂本駅をたくさん通っていかれました。

ご入学、ご進学、本当におめでとうございます。
お子さんたちの姿を見ているだけで、私もたのしくうれしい気分になります。

こちらから挨拶をすると、学生さんたちも挨拶してくれます。

そんな時は、小学校教師の顔に戻っていると言われることもあります。



ご挨拶の後は、駅前で演説をしました。

今日、入学式を迎えられるみなさん、本当におめでとうございます。ご本人にとっても、地域にとっても、大変うれしい日です。文化やスポーツに、クラブ活動に、たのしいたのしい学校での学びを送ってほしいと思います。

日本は今、政治がよくないせいで、格差が拡大していると言われています。
そして今、新しく生まれているのは、原発事故による格差です。
3.11原発事故のあと、放射線量が高い地域では、暖かくなっても半袖で過ごすことが出来ず、夏でも長袖・長ズボンで、体育の授業を外のグラウンドで受けることもできない子どもたちがいます。

私は、これこそが、最大の格差だと思っています。
こういう格差を生み出し、生活を根こそぎ変える原発というのは、私たちの生活の中にあってはならないと思いますし、そんなことが滋賀県で起こってはなりません。

4月8日(朝)おごと温泉駅

小雨が降る中でしたが、思わず演説に熱が入ります。
話を聞いて、おごと温泉駅のホームから手を振ってくださった方もいらっしゃいました。
ありがとうございます。
私も大きく手を振り返しました。

演説が終わって、まちなか演説に出発します。

4月8日(朝)おごと温泉駅

今日もまた、選挙カーは桜のトンネルを通って、春の大津市内をめぐります。

4月8日まちなか演説

途中で事務所に戻って、地元の小学校の入学式に出席しました。
かわいい小学校1年生さんが、親御さんたちに付き添われて、少し緊張の面持ちで初登校されました。
ご入学本当におめでとうございます。
厳しい選挙期間中ですが、ほっと一息させていただきました。

再び選挙カーに戻って、地元・唐崎をまわった後、下阪本、真野から和邇へ。
午後からはよく晴れたいいお天気になりました。

青空の下、和邇駅前でも演説をしました。

4月8日まちなか演説

4月8日まちなか演説今日は学校が始まっていますが、給食もなく下校時間が早いので、たくさんのお子さんたちが選挙カーに集まって来てくれます。

和邇の住宅地では、女の子たちがスケボーをしながら、ずっと話を聞いてくれていました。

演説が終わってから、
「何年生?」
と聞くと、
「6年生。」
と答えてくれました。
「今日から1年生の面倒を見てあげてね。」
と言うと、ニッコリ笑顔を返してくれました。



4月8日まちなか演説和邇では、立派な防災無線の設備を見かけました。

台風や土砂災害が起これば、防災関係者の方々がこの無線を使ってすぐに呼びかけて、地域の皆さんの避難に役に立つことと思います。

ですが、原発事故が起こったとなると、私たち大人が放射線を五感で感知することはできません。
防災関係者の方にも、わかりません。
調べるのにも膨大な時間がかかりますし、連絡が来るまでに時間もかかるでしょう。
そんな時には、この立派な防災無線も、役に立たなくなります。

どうか、そんなことが起こらないように。
そう思いながら、市内を演説してまわりました。

 

 

 

演説の途中、あちらこちらで、地域で大切にされているお地蔵さんを見かけました。
お地蔵さんにはお花が供えてあって、お湯のみにもちゃんとお水が汲んでありました。

4月8日まちなか演説

お地蔵さんが大切に守られている地域は、お子さんのことも、しっかりと見守っていらっしゃるだろうと思います。
そして、高齢者の方も大切にされていることと思います。
入学式の日に、みんなでお地蔵さんに手を合わせて、出発しました。

4月8日まちなか演説

 

夕方は、比叡山坂本駅でご挨拶。

4月8日(夕)比叡山坂本駅

駅にやってきた若者たちが話しかけてくれたり、通りがかった方が声をかけてくださいました。

4月8日(夕)比叡山坂本駅 4月8日(夕)比叡山坂本駅

今日もまた本当に寒い夕方です。
今日も一日お疲れ様でした。おかえりなさい。

4月7日(朝)@大津駅~まちなか演説~(夕)瀬田駅

今朝は大津駅前でご挨拶させていただきました。
昨晩のチューリップが、今朝はまた、朝の光でとてもきれいでした。

4月7日(朝)@大津駅 4月7日(朝)@大津駅

 

続いて、別所市役所前駅前に移動。今日も新社会人らしいフレッシュな方をたくさん見かけました。
こちらでもご挨拶と演説をさせていただきました。

ご就職、ご進学など、本当におめでとうございます。
私たちはこうして人生の進路を考えたり、人生設計をしながら歩んでていくわけですが、災害や政治の大きな変化が起こると、普段のふつうの暮らしがあっという間になくなってしまいます。原発や戦争はその最たるものです。そうしたことが起こってはなりません。命が大切にされる滋賀県政を、みなさんと一緒に作っていきましょう。
などと申しました。

4月7日(朝)@別所市役所前駅 4月7日(朝)@別所市役所前駅

別所を出発して、今日も1日、大津市内をまわりました。

土地が高いところでは、桜はまだまだ盛りです。
薄紅の桜と、小ぬか雨に濡れて萌え出るような新緑の中で、演説をしました。

4月7日まちなか演説

 

お昼は瀬田川のほとりで休憩しました。

今日もまた、選挙カーは両岸の美しい桜並木を見ながら、唐橋を渡りました。

今から何十年も前に、こんなふうに花が咲き乱れる河畔を思い描いて桜を植えた、先人の方々の想像力や、子孫を大切に思う気持ちというのは、本当にすごいと思います。
私たちも、自分たちより先の世代の人々のことを大切にする想像力をしっかりと持ち続けたいと思います。

4月7日まちなか演説

桜吹雪が舞う中で、今日もたくさん話しかけていただきました。

4月7日まちなか演説

桜やチューリップだけでなく、春はいろんな花があちらこちらで咲いています。
駅前や公共の花壇だけでなく、道の端や町の片隅など、たくさんの花があふれているのに気付きます。
誰も知らないところで、町に住む市井の方々が常日頃から手をかけてくださっているからこそ、春になって一斉に花が咲く、こんな美しい風景を楽しませてもらえるのだと思います。

4月7日まちなか演説

夕方は再び瀬田川を渡って、瀬田駅でご挨拶をしました。
寒の戻りで、冷えの厳しい夕方でした。
お勤めや通学の皆さん、お寒い中、今日も一日お疲れ様でした。

4月7日(夕)@瀬田駅4月7日(夕)@瀬田駅

 

今日も話しかけてくださる方や、握手を求めて下さる方がいらっしゃいました。
とってもかわいいお子さんにも声をかけていただきました。
どうもありがとうございます。

4月7日(夕)@瀬田駅4月7日(夕)@瀬田駅

 

事務所に帰って、遅めの夜ご飯です。
今日は支持者の方がドライカレーを作ってくださいました。
栄養を考えていただいて、お野菜もたっぷり、とても美味しい晩ごはんでした。
今日も一日、ありがとうございました。

4月7日の晩ごはん

4月6日(朝)@膳所駅~まちなか演説~(夕)大津駅

いよいよ、県会議員選挙投票日の週の始まりです。

朝はJRと京阪が接続する膳所駅でご挨拶をさせていただきました。

4月7日朝@膳所駅

この日は4人の県会議員候補、5つの陣営が膳所駅でかちあいました。

騒々しかったことと思います。お急ぎのところを、お騒がせしてすみません。

4月7日朝@膳所駅4月7日朝@膳所駅

駅立ちの後、演説をして、今日もまちなか演説に出発しました。

4月7日朝@膳所駅 4月7日朝@膳所駅

膳所から大津京、藤尾、大谷方面へ。

今日も桜がきれいです。

4月7日まちなか演説

皇子山公園をまわって、桜が咲き誇る。長良公園へ。

院内保育のお子さんたちが、先生に連れられてやってきていました。

「これから、どこへ行くの?」と聞くと、「おはなみにいくの~!」と、教えてくれました。

4月7日まちなか演説

桜野町で演説していると、シルバーカーを押した女性が通りがかられました。
途中で歩くのをやめて、シルバーカーに座って、話をじっと聴いてくださいました。

演説が終わってから、二人でお話ししました。
「矢尾喜三郎さんの時代から応援しています。頑張ってください」
と言っていただきました。

たくさんお話しした後で、
「お元気ですね。おいくつになられましたか?」
とお聞きすると、
「それはちょっと、言えへんな。」
と言われました。
失礼しました。これからもますますお元気で!

4月7日まちなか演説

桜だけでなく、 菜の花もきれいです。

4月7日まちなか演説

午後からは、同じ「チームしが」メンバーの嘉田修平さんが車に乗り込んで、一緒にまわってくださいました。

坂本、伊香立、堅田方面を回り、夕方は大津駅へ。

駅前の花壇には、夜桜ならぬ夜のチューリップが、街灯に美しく浮かび上がっていました。

4月7日(夕)大津駅

4月5日(夜)沢田たか子個人演説会@唐崎学区高穂町 (一部速報)

弁士:武村正義さん
(元・滋賀県知事、「チームしが」特別代表)

4月5日(日)沢田たか子個人演説会 弁士:武村正義さん

(以下、演説内容。 ※一部抜粋・編集)

「沢田さんとは私が現職の時代から親しくしていまして、
大変長いキャリアを持っている沢田さんだけに、時代が変わって世相がかわって県政も大きく動く今だからこそ、
一貫して考え方を貫いている沢田さんに引き続き頑張って欲しいという思いでやって参りました。」

4月5日(日)沢田たか子個人演説会 弁士:武村正義さん4月5日(日)沢田たか子個人演説会 弁士:武村正義さん4月5日(日)沢田たか子個人演説会 弁士:武村正義さん

「沢田さんは学校の先生から始まって、
県政のど真ん中で今一番キャリアのある経験を積んだ政治家です。
だからこそ貴重です。
ぜひ今回も皆さんのお力添えをお願いします。」

 

弁士:福島みずほ 氏
(社民党副党首、参議院議員)

4月5日(日)沢田たか子個人演説会 弁士:福島みずほさん

(以下、演説内容。 ※一部抜粋・編集)

「私たちは社会党時代から滋賀県知事選で武村正義さんを応援し、嘉田由紀子前知事の誕生の時も、社民党だけ推薦だったんですね。

琵琶湖を守る・環境を守るという立場から、嘉田知事が本当に頑張っていただいて、先日の三日月大造知事誕生の時にも、沢田たか子さんを初め、皆さんが琵琶湖を守るぞ、環境を守るぞという立場から本当に応援して頑張っていただいたと思います。」

4月5日(日)沢田たか子個人演説会 弁士:福島みずほさん

「沢田たか子さん、滋賀県議会に本当に無くてはならない方です。

県議選はこの間、一日しか日曜日がないんですね。その日曜日にとにかく滋賀県にやってきました。

われらが、私の大好きな沢田たか子さん、どうかどうか当選させてください。

うちには土井たか子という『たか子』さんもいましたが、沢田『たか子』さんがしっかり引き継いで、『ダメなものはダメ』『やるっきゃない』で頑張ります。」

4月5日(日)沢田たか子個人演説会 弁士:福島みずほさん4月5日(日)沢田たか子個人演説会 弁士:福島みずほさん4月5日(日)沢田たか子個人演説会 弁士:福島みずほさん

「県議会でモノを言う議員が本当に必要です。
憲法や政治が遠いところにあるんじゃなくて、足元で政治を市民に取り戻すようになっていかないと、まさに足元で大変なことになります。

私はやっぱり戦争と原発はこれほどまでに多くの人の人生を根こそぎ変えてしまうのかと思っているので、
子どもたち未来には、もう原発事故も戦争も要らないと思っています。

議会でできることが山ほどあるし、
今ほど政治が皆さんの人生を大きく左右してしまうこともないんじゃないかと思っています。

命つなげて、命がいちばん。
そして沢田さんは子どもたちへの愛情がものすごいんですね。
子どもたちが本当に安心安全にこの滋賀県で生きていけるように、ブレない女・沢田たか子は頑張ります。

選挙は本当にフタを開けるまでわかりません。厳しい厳しい厳しい選挙です。
どうか沢田たか子さんへのご支援を、皆さんたちの力で広げて押し上げてください。」

 

 

 弁士:井上純一 氏
(きさらぎ自治会会長)

4月5日(日)沢田たか子個人演説会 井上純一さん

(以下、演説内容。 ※一部抜粋・編集)

「私は、三つの町で行っている合同防災会の実行委員長をしています。3年前に防災訓練をした時、すぐそこの広場で炊き出しをやりました。美味しいカレーを食べました。後片付けをしている時、沢田さんは一人で広場のゴミ拾いをしていました。そういう人なんです。

私は20年前の阪神淡路大震災の後、唐崎に引っ越してきました。兵庫県に住んでいました。4年前には東日本大震災がありました。その少し前の2月22日にニュージーランドのクライストチャーチで大地震が発生し、多くの日本人留学生が亡くなりました。あの時、私の娘もクライストチャーチにいました。運良く助かりました。

いつ、どこで、どんな風に災害に遭うかわかりません。防災の基本は「自分の命は自分で守る(自助)」。「助け合い(共助)」です。何があっても、親や家族がそこにいなくても、とりあえず自分だけでも「危険から逃げる」ということです。

でも原発の事故だけは、どうすることもできません。放射能には色も匂いもありません。隣の福井県には原発がいっぱいあります。この唐崎は一年を通して北西の風が多いところです。福井県から吹いてくる風が多いということです。」

4月5日(日)沢田たか子個人演説会 井上純一さん4月5日(日)沢田たか子個人演説会 井上純一さん

「政府や電力会社は、原発を早く再稼働させたいと考えています。廃炉の原発もいくつか発表されましたが、核燃料をどこでどう処分するのか決まっていません。大変な問題です。

2年前の夏に、大津でも洪水や土砂災害が発生しました。私もボランティアに行きました。偶然、沢田さんに会いました。一人でボランティアに来ていました。ドロドロでした。そういう人なんです。

正しいことを言って、行いも立派。人格も素晴らしい。だからと言って、当選が保証されるものではありません。

投票日は「12」日です。私は「3」町の合同防災の実行委員長です。今日は「4」月の「5」日です。沢田さんはうん十「6」歳、僕と同い年です。そして、今度の選挙は「7」期目を目指しています。これは何の数字でしょう?投票日まであと「1,2,3,4,5,6,7」日しかないということです。

気を引き締めて、悔いが残らないように、多くの知り合いに支持を訴えて欲しいと思います。ありがとうございました。」

4月5日(朝)@瀬田駅~まちなか演説

朝、JR瀬田駅でご挨拶した後、田上から南郷をまわり、石山、膳所、浜大津方面へ。

桜が満開の日曜日ですが、今日はまた雨。
傘さして雨合羽を着てのまちなか演説です。

4月5日まちなか演説

今日も演説をしていると、たくさんの方が家から出てきてくださったり、声をかけてくださいます。

演説を聞いて、かなり遠くから声をかけようと来て下さった方がいたのに、選挙カーが気付かずに移動してしまったのですが、ご自宅にお買い物の袋を置いた後で、もう一度追いかけて来てくださいました。
気付かずに申し訳ありません。応援どうもありがとうございます!

4月5日まちなか演説

水車谷を回っていると、一人の男性が出てきてくださいました。
28年前に沢田が初めて市議会議員に立候補した時に、運転手を勤めてくださった方でした。
この方がいてくださったから、議員としてスタートできた、大変お世話になった方です。

市民後援会の方たち、ウグイス嬢の方にもご紹介して、みんなで記念撮影をしました。
28年前は本当にお世話になりました。
沢田は今も頑張っています。

4月5日まちなか演説

お昼に唐崎の事務所へ戻ると、支持者の方の娘さんがお出迎えしてくれました。
小さなおでこに「必勝」と書かれたハチマキが、なんともかわいらしいです。どうもありがとう。

4月5日昼、唐崎事務所に戻って

お昼ごはんをしっかり食べて、午後からは堅田方面を中心に回りました。

 

坂本の平和堂の近くでは、原発再稼働のことや、日本がふたたび戦争のできる国になろうとしていることについてお話ししていると、高齢の女性が涙を拭いながら話を聞いてくださっていました。その後しばらく二人でお話ししました。お声をしっかり届けたいと思います。

すれ違う車の中からも、かなりたくさん手を降ってくださって、大変励まされます。

夕方は大津京駅へ。
夜からの個人演説会で弁士をしてくださる、社民党副党首の福島みずほさんが来てくださいました。
演説会を前に、沢田と福島さんの二人でお話しをしました。

 

4月5日まちなか演説

この後は、地元・唐崎で、福島みずほさんと、元滋賀県知事の武村正義さんを迎えての、個人演説会です。