もう一つの卒業式

昨夜来の風が止んで、雪の朝になりました。

県内の高校卒業式で蛍の光が歌われたら、ぴったりの「窓の雪」。自然までが、白くて美しい光景で、若人たちの船出を祝っているようです。IMG_5373 IMG_5374

 

今日は、これまで議員としての行動や、宣伝活動に、ずっと愛用してきた軽自動車の卒業式をしました。昨春からブランクがあったのですが、この車は、朝寝坊をして駅前へ急いだ時も、炎暑の活動も、ずっといっしょにがんばってくれた相棒のような存在で、離れがたかったのです。選挙車として初めて使った時は、本番直前になってボディの絵のサイズが問題になり、白いテープを貼って、分割し、急場しのぎをしたこともありました。

「地盤」「看板」「鞄」のない私が、29年前に初めて辻立をした時から、屋根上の看板はずっと同じで、私の理想を忘れないように掲げました。車体は白いままでスタートしましたが、父が、「子どもの未来のために教員辞めて出るんやったら、子どもの喜ぶように絵を描いたらええ。」と言ったのをヒントに、原画を中学校の美術を教えておられたF先生に描いていただきました。

写真の車は、2代目ですが、原画をもとに車体に描いてもらい、「沢田号」は働き続けました。車の整備や点検をずっとお願いしていたカワカツさんのおかげも大きかったです。「高齢化で絵を直接描ける職人肌の人が少のうなってきました。ペイントが薄うなってますし、新車にしはるんやったら、ボツボツですけど、どうです?」と、先代社長さんが気をつけてくださったのですが、私が横着しているうちに、黄泉の客になられ、驚きました。

 

「沢田号すれ違うたなぁ」「沢田さん、がんばってるな」とみなさんに声をかけていただけたのも、産みだしていただいた教職員組合の仲間のみなさんのおかげです。世間知らずの私を、支援し、励まし、議会に送ってくださった皆さんのおかげです。私の相棒my car2代目は、117599km、21余年間ずっと伴走してくれました。

卒業 おめでとう!  長い間 ありがとう!

 

冬タイヤは無くて、運転しないことに決めてました

  冬タイヤは無くて、運転しないことに決めてました。 公欠 ウフフ。

IMG_5380

駐車場のT様には「先生、ライト点いてますで。」と電話で知らせていただいたことがあります。